めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻丘めぐみB面特集『黄昏のテラス』 (『夏八景』のB面) 〜 帝劇 『台所太平記』

<<   作成日時 : 2008/03/23 02:06   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

画像



約2年間ご愛顧いただきました『めぐカコの 麻丘めぐみアルバム』も
今回を含めラスト3回となりました。

麻丘めぐみさんのシングルB面特集 ラスト3曲の中から
今回は『夏八景』(昭和51年6月5日発売)のB面『黄昏のテラス』です。


http://jp.youtube.com/watch?v=FxxrciyQOSw


              ♪〜
                黄昏のテラス むらさきの風が
                頬をなぜて 泣くなよと通り過ぎる
                私はすえない煙草を指に
                遠くなったひとの ことを想うの

                ブラックが好きな あのひとを真似て
                にがい珈琲気どりながら のんだけれど
                想い出誘うだけ 涙があふれ
                蒼ざめてる 私ひとり
                                  〜♪






                                        「夏八景」B面
                                        「黄昏のテラス」
                                       作詞 阿久 悠
                                       作曲 筒美京平
                                       編曲 筒美京平 萩田光雄







『夏八景』は、めぐみさんの5年間の歌手生活の後半シングルの中で
最も人気のある歌でした。

その『夏八景』のB面も、後半のB面ベストに匹敵する
名曲でした。

気持ちよく歌っているめぐみさんの歌声が
聴いていてとても好感を受けます。

この時期のめぐみさんの魅力を最大限に活かした名曲だと思います。











また、この時期、めぐみさんは「帝劇」にも始めて出演されました。


作品は、『台所太平記』(昭和51年7月6日〜30日)でした。
画像


谷崎潤一郎の作品で、谷崎潤一郎夫妻とおぼしき千倉夫妻と
お手伝いさんたちのほのぼのとした交流を描かれた作品でした。


出演者も 中村勘三郎さん、乙羽信子さん、新珠三千代さん、
松原智恵子さん、井上順さん(順不同)等々豪華なメンバー。

画像


画像


めぐみさんは岩村ぎん子という勝気なお手伝いさん役を
奮闘しておられました。

画像


画像


私が行ったときは、ちょうど千秋楽の日で、芝居が終った後
舞台でめぐみさんが泣いておられた姿が印象的でした。


当時のめぐみさんにとっては、とても難しい役をやり上げたという想いで
涙が自然とこぼれてきたのかもしれません。

画像



画像


翌年、めぐみさんは帝劇の『百三代さま』(昭和52年4月30日〜5月29日)
にも出演される事になるのでした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「黄昏のテラス」は「夏八景」同様大好きな曲です。
大人の哀愁とク−ルさを感じさせます。
次のシングル「夜霧の出来事」に通じる作品ですね。

テラスシリーズともいうべきか
「そよ風のテラス」はさわやかでキュートな感じで
詩の内容はまったく違うけれどこちらも好きです。

後期でシングル両面とも好きなのは
「夏八景」「夜霧の出来事」「ねえ」です。
Marco Polo
2008/03/24 22:50
こんばんは、この回を待っていました!
兵庫県の生んだ偉大な才能、阿久悠先生と、麻丘さんの最高の組み合わせ!
もっと多くの作詞を望んでいたのですが、昨年残念なことに阿久先生は他界してしまいました・・・。
『夏八景』と今回の『黄昏のテラス』、どちらも素晴らし過ぎます!
でも、やはり、からりと明るい『夏八景』の方がA面には相応しいと言うのが正直な私の感想です。

めぐカコ様のブログも、もう、そろそろ、なのですね・・・。
もっと早く、お会いしたかったです。
また、訪問させていただきます。
灘区のK子
2008/03/25 18:14
Marco Poleさん、ありがとうございます。
めぐみさんのテラスソングどちらも大好き
ですね。
そして、どちらも、めぐみさんのその当時
の歌声にぴったりの名曲ですね。
めぐカコ
2008/03/25 20:37
灘区のK子さん、ありがとうございます。
阿久悠先生、筒美京平先生というめぐみさん
にとってベストコンビによって生み出された
名曲ですね。
A面B面甲乙つけ難い名曲で、どちらも大好き
です。
そして、このブログの最後の2回は、あの名曲と
あの名曲です。
めぐカコ
2008/03/25 20:46
 「黄昏のテラス」は素晴らしいストリングスアレンジと歌詞の点で「夏八景」の上を行く感じです。が、「夏八景」は久しぶりの明るめの曲調と、木管の音の混ざったアレンジが心地よく、こちらも捨てられません。当時は麻丘めぐみさんの歌を聴く機会がまるでなかったのですが、もし聴いていたらレコードを買って、改めてめぐみさんの応援をしていたでしょう。
大朝
2009/08/17 16:20
大朝さん、ありがとうございます。
めぐみさんのシングルの場合、
A面がいい曲の場合、必ず
B面もいい場合が多いですね。
「芽ばえ」「わたしの彼は左きき」
「森を駈ける恋人たち」
「白い部屋」「夏八景」と両面
とも名曲です。
そんな中で、知名度があまり高い
割りに大好きな曲が「黄昏のテラス」
です。今でもよく聴きます。
めぐカコ
2011/01/15 21:07
今でも僕はホントにカコちゃんが大好きなのです。
日本のオリビア・ハッセー(ロミオとジュリエット)というか
頭のてっぺんからつま先までバランスの取れた美を持った方を
他に知りません。

ヒデキ感激
2012/11/22 00:10
ヒデキ感激さん、ありがとうございます。
あの頃から、時代が非常に経ちましたが、
カコちゃんを凌ぐアイドルは、出てこな
かったと思います。カコちゃんのファン
である事を現在も誇りに思っています。
めぐカコ
2012/11/22 21:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻丘めぐみB面特集『黄昏のテラス』 (『夏八景』のB面) 〜 帝劇 『台所太平記』 めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる