めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻丘めぐみ 三田村組第13回公演 『天井』

<<   作成日時 : 2008/02/03 02:47   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2008年1月15日から1月27日にかけて
東京中野にある中野ザ・ポケットの劇場において
劇団「三田村組」の第13回公演にあたる『天井』という
公演があり、麻丘めぐみさんが出演されているという事で
見てまいりました。

画像


劇団「三田村組」にとっても、劇団「マーク義理人情」との
提携公演となった作品でした。

作・演出は、蓬莱竜太さん。

舞台版「世界の中心で、愛をさけぶ」や
「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン」
の脚本を手がけておられる若手実力派演出家です。

ご出演(順不同)は、

野田(寝たきり老人)   三田村 周三さん

牧山 晴美(ヘルパー)  麻丘 めぐみさん(TDC)
牧山 邦弘(晴美の夫)  福本 伸一さん(ラッパ屋)

石原(地元の警察官)   古屋 治男さん
栗谷(地元の警察官)   竜沢 孝和さん(マーク義理人情)

守屋 薫(新人ヘルパー) 岡崎 智浩さん(マーク義理人情)

野田 健一郎(長男)    水木 英昭さん
野田 静香(健一郎の妻) 高乃 麗さん
野田 正志(次男)     成瀬 功さん(マーク義理人情)
野田 貴美子(末っ子)   和田 ひろこさん(ONEOR8)

寛治(家に出入りする男) 高橋 康則さん(マーク義理人情)
洋子(家に出入りする女) 種子さん

といった多彩な方々です。










舞台は、古びたオンボロの小屋。

ベッドには、寝たきりの老人 野田(三田村周三)が一人で住んでいました。





そこへ、
地元の警察官 石原(古屋治男)が、同僚 栗谷(竜沢孝和)と
巡回にかこつけて老人の古小屋に入って来ました。




実は、石原は自分の隠し金を寝たきりの野田(三田村周三)
が住んでいる古小屋の床の下に隠していたのでした。

そのお金も良からぬ方法で貯めたお金に違いありません。

老人の寝ているベッドのそばのテーブルをのけて
カーペットをめくり、床板の一枚めくると、そこには大金が隠してありました。


老人の野田(三田村周三)が寝たきりで動けないのをいいことに、
老人の住む古小屋を使いたい放題に使っていたのでした。








その日の夜は、激しい落雷がありました。

不思議なことに野田(三田村周三)は、近所の落雷がきっかけで
歩ける様になったのでした。





野田(三田村周三)の家には、毎日、美しくやさしい
ヘルパーの牧山晴美(麻丘めぐみ)がやって来ていました。


野田は、晴美(麻丘めぐみ)に世話を続けてもらう為、
歩ける様になった事を内緒にして寝たきりの振りを
し続けたのでした。


寝たきりだった野田にとって唯一の心の拠り所と
なっていたからです。


彼女の夢は「オーロラ」を見に行くことでした。


彼女は、一緒に行きたいという野田に対して
「また、元気になったら、一緒に行きましょうね。」
と、やさしく励ますのでした。








老人の野田(三田村周三)には、3人の実の子がいました。




長男の野田健一郎(水木英昭)は、近所でも有名な親不孝ものでした。

そもそも、父親は長男夫婦と同居していたのですが、
健一郎の妻 静香(高乃麗)によってないがしろにされ、
居たたまれず、家から抜け出して一人で暮らしているのでした。

健一郎は、近所の体裁のために同居を勧めに来たのでした。

もちろん、父はそんな家に帰る気持ちなど一切ありません。




健一郎(水木英昭)は、さらに、知り合いに頼まれ
安い値段で働いてくれる新人ヘルパーの守屋薫(岡崎智浩)を
勝手に雇っていました。

老人の好きな晴美(麻丘めぐみ)に代えて雇おうとしていました。


しかし、バイト感覚のヘルパー守屋(岡崎智浩)は、老人の事など
全く考えていない晴美とは対照的なヘルパーでした。






また次男の野田正男は、自分で会社を経営しているのですが
大きな借金をかかえて返済を迫まれており、
早急に大金を用意する必要がありました。

寝たきりの父のところへ訪ねて来たのも、そのお金をなんとか
父親から用立てようとしたいためでした。








末っ子の野田貴美子(和田ひろこ)は、
仕事ばかりしており、無愛想でいつまでも
結婚しないのが父親として心配の種でした。

貴美子は、兄と一緒に父親を実家に返そうとしていました。







寝たきり老人の野田(三田村周三)の周りに訪れる人は、
みんな自分の事しか考えていないどうしようもない人ばかりでした。







そんな中で
父親の様に慕ってくる若者が、ときどき「かげろう」の様に
老人の元に現れるでした。

若者は、寛治(高橋康則)とその彼女 洋子(種子)でした。

彼等は、ろくな考えを持っていない実の子供とは対照的に
常に老人のことを心配して来てくれるのでした。






野田(三田村周三)は、起き上がって歩ける様に
なった事を子供達にも知らせました。

警察官が隠していた床の下のお金も
自由に使う事ができるまで元気になりました。



一方、そのお金を自由に使い、元気も取り戻した老人は、
晴美(麻丘めぐみ)に一緒に「オーロラ」を見にカナダへ
行こうと迫るのでした。

困った晴美(麻丘めぐみ)は、夫の牧山邦弘(福本伸一)に
相談します。

夫の邦弘(福本伸一)は、酒の力を借りて老人に力ずくで晴美を
取り戻そうとしますが、元気を取り戻した老人の力には、かないません。


老人は、晴美(麻丘めぐみ)に
「一緒にオーロラを見に行こうと言ったのは嘘だったのか」
と真意を尋ねます。

晴美は、
寝たきり老人に元気を出してもらおうと
軽はずみに言ってしまったと答えます。

それを聞き、老人は落胆してしまうのでした。


また、
末っ子の貴美子(和田ひろこ)もやって来て、
結婚したいから家に戻って欲しいと頼みに来ます。

相手の両親との手前、父親が別居しているのは
体裁が悪いからでした。

老人は、それなら、結婚したら、貴美子の夫婦と
一緒に住ませて欲しいと頼みます。

貴美子に断られ、
結局、誰も老人から離れていってしまうことになりました。



もう、誰も頼れる人がいない事に気づく野田(三田村周三)は、
再び老いていき、寝たきりとなってしまいます。








そんな野田の元に「かげろう」の様に現れる若者
寛治(高橋康則)とその彼女 洋子(種子)だけが、
「大丈夫だから」と励ましに来てくれるのでした。



実は、「寛治」とは、野田(三田村周三)自身の名前だったのです。
また、「洋子」とは、野田の妻の名前でした。

この二人は、野田にだけしか見えない、
野田自身の心の姿だったのでした。


動けないで寝たきりの「野田」。

「寛治」は、野田の心として
表現されていたのでした。




やがて、元気を無くした野田は、
子供たちによって
実家に引越しされることになりました。




引越しの日。
みんなが、引越しの手伝いにやって来ていました。



老人の気持ちなど誰もわかろうとしないで
引越しの準備をする家族たち。



みんなで揃って食事に出ている間に、
老人は、最期のときを迎えます。

老人は、誰にも看取られずに
一人静かに息を引き取って
いくのでした。。。











高齢化社会が問題となっている現在。

「寝たきり老人」について
深く考えさせられるテーマでした。


寝たきりのお年寄りは、
来る日も来る日も、
朝から晩まで
『天井』しか見えない生活を
送っていたのです。





そんな寝たきりのお年寄りの気持ちを理解できて接して
いるかと尋ねられたら、日常生活で普通に暮らして
いる者には、おそらく大半の方が理解できていない
と思われます。


動けない「体」とは別に、自由に動きたい「心」との
間で苦しんでおられるのかもしれません。

些細な事で夢を与えられて
元気を取り戻し

些細な事で夢を失い
元気を失っていく。。。

そんな繊細な
気持ちを理解する事の
大切さをこの『天井』は
教えてくれた気がします。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
管理人様始はじめまして。
12月頃偶然こちらを見つけ楽しく又懐かしい思いで
拝見させていただいています。
唯来月で終了されると言う事ですが確かに毎週更新は
大変ですね。(^^ゞ

終了となると今までのブログは見れなくなるのでしょうか?
個人的にはは更新が無くともこのまま置いておいて下されば
時々訪れて拝見させていただければありがたいですし
これだけのブログが無くなるのは勿体無いとも思います。(^_^)
又伺います。
有難うございました。
kazu
2008/02/03 10:14
kazuさん、コメントありがとうございます。
めぐみさんの歌とともに青春時代を暮らして
きた私にとって、芸能生活40周年を迎えられた
めぐみさんをアルバムの形で振り返ってみたい
と軽い気持ちで始めたのですが、当時のファン
の方や、現在の新しいファンの方からいろんな
コメントをいただく事ができ、ついつい続けて
おります。
ひとまず、3月末をめどに終了しようと思って
いますが、現在していますB面特集が終了する
までは続けてから終了する予定です。
終了した後も、削除を言われるまでは、残す
つもりですし、コメントにはお返事をさせて
いただきたいと思っていますので、よろしく
お願いします。

めぐカコ
2008/02/03 13:30
めぐカコさん、いらしていたのですね。
お疲れ様でした。
最後に、警察官が金をすべて隠し場所から持ち去ってしまってエンディングという、“救いのない”スト−リ−ですが、それが、めぐカコさんもおっしゃるように、現代社会を象徴していることになるのかもしれません。

めぐみさんも含め、出演者の方々が舞台が終わったら客席にいらして、来場者とお話しをされていたのが、とてもほのぼのとしていてよかったと私は思っています。
私も恥ずかしながらめぐみさんに挨拶させていただきました
嶺上開花
2008/02/03 21:21
めぐカコさん、はじめまして。
僕も12月ごろこのブログを見つけ楽しく拝見させていただいてます。
過去の記事、画像などたくさん持っておられてすごいなーと思っております。
12月からこのブログとTDCのブログ、YouTubeのめぐみさんの画像にハマッています。
めぐみさんが歌手デビューされた時、僕は小学5年生でした。
その時の記憶は、「芽生え」、「私の彼は左きき」しかありませんでした。
スラリとしたスタイルとロングヘアー、そして優しそうな顔立ち・・・
子供ながらに綺麗なお姉さんやな〜と思ってました。
そして月日は流れ、めぐみさんは婚約、引退されるとテレビで見て・・
ええ〜もう引退してしまうんだ・・・ちょっとショックでした。
大人になってから改めてめぐみさんの美しさに惚れ込んでしまいました。
そして、波瀾万丈でも本人が言われていた、「泣き」の入った歌声。
う〜ん素晴らしい。
YouTubeでは全員集合に出演時の映像が見られて何度もリプレイしてしまいます。
めぐカコさんの記事更新楽しみにしています。有難うございました。
shige
2008/02/03 21:21
嶺上開花さん、コメントありがとうございます。
エンディングの警察の行為が、老人の死をより
悲しくしてしまいましたですね。
この公演の内容を物語だけで済まさない様に
することがせめてこの公演に行った人間の
収穫となっていただきたいと願います。
ついついTDCの様に出口にめぐみさんがおられる
のかなあと思っていたら、赤い服を着て客席の
後ろにおられたのは驚きました。
めぐカコ
2008/02/03 21:36
shigeさんコメントありがとうございます。
私のブログで、一人でも多くのめぐみさん
ファンが復活して、めぐみさんを再び応援
していただける事を望みます。
めぐみさんがアイドル時代、何もお力に
なれなかったので、せめて今、このブログで
めぐみさんのお力になれればと思います。
いつまでも、一緒に応援していきましょう
めぐカコ
2008/02/03 21:46
昔、福祉大学へ通っていた先輩が障害者側のサークルへ参加したら学校をクビになりました。国が「与える福祉」と「求められている福祉」のズレがそこにありました。介護という現場に携わるだけである程度満足するのと現場の深い心の痛みを考えることも似ているかもしれません。自分にうそをつけない人たちはきっと社会問題の根底で迷った挙句最終的には「人はなぜ生きているんだろう?」という疑問と向き合うことになるんでしょうね。脚本家さん、偉い。きっとめぐみさんも「ねえ」の曲の頃そんな事を考えていたのかもしれませんね。今思えば美しさの奥で「人間性」がきらっとしているんです。
ぜっと
2010/10/31 07:13
これからの高齢化社会で介護の問題は非常に身近
な問題として考えなければなりませんが、介護を
される側の気持ちや知識を本当に知るところまで
まだまだたどり着いていないのが現状だと思います。
知るという事の大切さから始めないといけないの
ではと感じさせられる舞台でした。
めぐカコ
2010/10/31 15:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻丘めぐみ 三田村組第13回公演 『天井』 めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる