めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻丘めぐみ『いい旅・夢気分』 夏の房総半島の旅

<<   作成日時 : 2007/09/24 21:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

平成19年8月8日放送の『いい旅・夢気分』(テレビ東京系 20:00〜21:00)は、
東てる美さん、あべ静江さん、麻丘めぐみさんが夏の房総半島をドライブする旅でした。

画像





東京湾アクアライン「海ほたるPA」からスタートでした。

今回は、麻丘めぐみさんが房総半島をリサーチして
東てる美さん、あべ静江さんをご案内されました。

めぐみさんがナビで、東てる美さんの運転で出発です。










「海ほたる」から約30分。

最初に訪れたのは「富津海岸(ふっつかいがん)」の潮干狩場でした。


3人はめぐみさんが用意されたお揃いのつなぎ、
麦わら帽子、長靴姿に着替えて潮干狩りスタート。


画像

30分で1,400円。
貝は2kgまで持ち帰りできます。(8月31日まで)


画像



画像












昼食は、潮干狩りの会場から歩いておよそ5分。
「富津公園キャンプ場」(入場料 500円、営業時間 10:00〜17:00)
でバーベキューでした。

めぐみさんが予約されていたのは、角市商店 多田喜一郎さん。

予約していれば、
バーべキューの準備から、食材の用意、後片付けまで全て
やってくださるそうです。
正に手ぶらでバーベキューです。

バーベキューセット一式 1人前3,150円(要予約)5人前〜
画像













次の目的地は、車で「館山自動車道」(2007年7月4日全線開通)
を通って約40分
内房に位置する潮風香る港町「保田(ほた)」でした。

画像


漁港から水中透視船「ばんや丸」が出ています。
およそ45分かけて保田漁港の沖合いを遊覧します。

画像


舟底がガラス張りになっていて
船に乗りながら海の中を見ることができます。

乗船料 1,000円
営業時間 9:00〜15:30
※ 1日7便運航











「保田」から車で海岸線を南下することおよそ10分。
海辺に民宿が立ち並ぶ「岩井」に到着しました。

初日の宿は、広大な庭がある瀟洒な宿
「オーベルジュすなだ」。

画像


早速、湯浴みを楽しまれた3人は、
宿から3分歩いたところにある岩井海岸へ。
ここから、素晴らしい夕陽が拝めるそうです。

画像



宿に戻ると地魚づくしのもてなしが待っていました。

画像


画像


地元であがった「伊勢海老」。
新鮮とれたての「地魚の舟盛り」は豪華5点盛り。
庭で採れたびわの実を使った「茶碗蒸し」。
「天ぷら」の野菜は、自家農園で育てたもの。
「イカのホイル焼き」。
「金目鯛の姿煮」。
食べ終えた伊勢海老は「味噌汁」に仕上げてくださいます。

地魚づくしのお料理を存分に堪能して1泊2食9,500円。



食後は、夕涼みがてら、庭で夏の風物詩花火で楽しまれました。

画像















翌朝は、早起きをして「岩井海岸」の磯砂浜へ。

夏場、誰でも参加できる「観光地引網」が行われているそうです。
3人も早速加わりました。
画像


あがった魚介類は、地引網に参加した子供たちを
中心に分けていただけます。

魚は、民宿でさばいて朝食で出してもらえますそうです。











民宿を出発された3人が、まず訪れたのは、

山の斜面に幾枚もの水田が作られた「大山千枚田」。


画像



660年ほど前から続くと言われる棚田の情景はどこか郷愁も感じられ心に沁みます。













「大山千枚田」から車で約15分。

次の目的地は「酪農の里」でした。

牧場では、子ヤギと触れ合うことができます。

画像


「日本の酪農の発祥の地」とも言われるこの牧場
当時飼われていた珍しい白牛にも出会えます。

画像




地元の新鮮な牛乳や独特の甘みが広がるソフトクリーム
が楽しめる「みねおか いきいき館」にも立ち寄られました。

画像








牧場を出られて車で約20分、
南房総の、のどかな農村「三芳(みよし)」



昼食は「百姓屋敷じろえむ」でした。

営業時間 10:00〜15:00(要予約)  不定休

画像

かやぶきの門に、築300年という趣ある母屋。

江戸初期から代々 二郎衛門の農業を営んで来た農家を
14代目の現在のご主人がレストランに改装されたそうです。

無農薬栽培の野菜を使った手作りの料理が自慢です。


「トマトとひゆ菜の醤油和え」
画像


栄養価の高い野菜「モロヘイヤ」
画像


「ナスとミョウガの醤油和え」
画像


「天ぷら(青じそ、ミント、ズッキーニ)」
画像


裏で飼っている部屋飼いの有精卵の「玉子焼き」
画像


「おまかせ御膳」3,150円
1,575円より4コースあります。
画像










「百姓屋敷じろえむ」を出て車で約5分

やって来たのは観光農園「夢の花かん」です。

画像


こちらでは、ブルーベリー狩りが楽しめます。
画像

30分食べ放題
1パック分持ち帰ることができて1000円だそうです。
6月〜8月  営業時間9:00〜17:00 不定休
画像









そして3人は山里から海岸線へ約30分車を走らせます。


訪れたのは、房総半島の南端に位置する「平砂浦(ヘイサウラ)」。



2日目の宿は。
館山 平砂浦温泉 
「平砂浦ビーチホテル LANIKAI(ラニカイ)」です。


画像




今年2月にリニアルオープンしたばかりの海辺のリゾート。
正に南国の楽園です。
大海原を一望するガーデンプールは優雅な夏の休日を満喫出来ます。

画像

全ての部屋から雄大な太平洋を望むことが出来ます。


露天風呂もバリの雰囲気たっぷりです。
画像

水の宮殿「TAMANSARI」(バリ風露天風呂)
泉質:温泉法上の温泉(メタホウ酸・メタケイ酸)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛など



夕食は食事処「招月亭」で懐石です。

一品ごとに趣向を凝らした品が出てきます。

画像

「前菜」
鯨ベーコン、季節野菜の生春巻きなど

画像

「地魚桶盛り」
は正に豪華絢爛。
イサキ、キンメダイ、メダイ、イナダなど
画像


「上総牛の冷しゃぶ」

画像

「漁火盛合せ」
こちらは海辺の宿だからこそ味わえる豪華なもてなし
アワビ姿煮、キンキ一夜干し、サザエ壷焼き

画像

モダン懐石コース1泊2食 24,825円
(サービス料、入湯税込)

画像










旅の最終日

宿を出て車で5分。


「海の駅 だいぼ工房」に着きました。
営業時間 9:00〜17:00 定休日 第1・第3 水曜
粋のよさと安さが売りものの魚介類が並んでいます。


画像





また、予約をすれば「干物作り体験」(1,500円)ができます。
予約をされていた3人も体験されました。

まずは、1匹ずつ開いていきます。
画像

そして塩を振って水分を抜きます。
画像

最後は専用の機械に入れて
3時間ほど干して出来上がりです。
画像





3人の旅もここが終着点


夏の房総半島。
思い出作りの旅でした。

画像


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「いい旅・・・」はとても楽しい番組でしたね。明るいはじけためぐみさん、最高でした。めぐみさんには笑顔が似合いますね。めぐカコさんのブログ、いつも楽しく拝見させて頂いてます。未見の映像(写真)も楽しみです。これからも楽しい話題の提供、大変でしょうがよろしくお願いします。本当にいつも感謝しています。頑張ってくださいね!
柴恭
2007/09/26 15:17
柴恭さん、コメントありがとうございます。
めぐみさん、今年も大活躍でテーマが追いつ
かない状態です。
これからも、一緒に応援していきましょうね。
めぐカコ
2007/09/26 21:24
旅番組では、めぐみさん、いつもほんとうに楽しそう!
この番組でも、目一杯楽しんでる感じが心地よかったですね。
藤村俊二さん曰くめぐみさんは仕切る人なので「シキバめぐみ」だそうですが、その仕切りの本能が全体から感じられました。

どこかの旅番組でレギュラーとして毎週出演してくださったらいいな、なんて勝手に思ったりしますが、そんなことしてたら大事なTDCのことがなにもできなくなってしまうから無理でしょうね。
嶺上開花
2007/09/28 10:03
嶺上開花さんありがとうございます。
めぐみさん、この番組でも、お二人を
楽しませることを楽しんでおられる様
で、常に仕切られておられましたね。

めぐみさんの浴衣姿がとてもかわいく
引き立っていましたね。
めぐカコ
2007/09/28 22:29
めぐみさん、いくつになっても変わらないですね。仕切り屋さんでも嫌味が無いところがめぐみさんらしいと思います。めぐカコさんのコメントのように浴衣姿とっても似合ってました。
くま
2007/09/29 18:55
あと一点、花火のシーン「夏八景」が浮かんでしまいました。
くま
2007/09/29 18:57
くまさん、ありがとうございます。
めぐみさんの人望は、こんな面で
出て来ているんでしょうね。
この3人、息もぴったりで楽しかった
ですね。また、この3人の旅、是非
見てみたいです。
めぐカコ
2007/09/29 22:13
 東 てる美 さんは、麻丘さんから「てるみん」と呼ばれているかたですね。麻丘さんの公式ブログを読むと、すぐにわかってしまいます。あべ静江さんもおなじみのかたですね。
 旅行番組といっても、公式ブログによれば、出演するほうはなかなか大変のようです。それでも見るほうとしてはとにかく楽しいので、毎週、とはいかなくても、時々でいいので出演してほしいと思います。
 ただ、歌手のかたならやはり歌唱シーンを放送してほしいな、と思います。といっても、正式の歌番組だと麻丘さんがすっかり緊張してしまいますので、こんな所でこんな歌をこんな風に歌っている、といった程度のものでもいいと思います。
 あべ静江さんは、最近、テレビでの歌唱活動が目立ちますね。メインのヒット曲2曲だけでなく、もっといろいろ歌ってほしいと思います。
大朝 (オオアサ)
2009/07/22 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻丘めぐみ『いい旅・夢気分』 夏の房総半島の旅 めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる