めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻丘めぐみB面特集『夏の終りに来た手紙』  (『美しく燃えながら』のB面)

<<   作成日時 : 2007/09/02 12:27   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

麻丘めぐみさんのB面特集、今回は『美しく燃えながら』(1975年8月15日)
のB面『夏の終りに来た手紙』です。
画像


めぐみさんが20歳の誕生日(1975年10月11日)を迎える前、
10代最後のシングルとして発売されたのが『美しく燃えながら』でした。


当初新曲予定だった『街角』から発売直前で
変更になったので、この歌は賛否両論ありました。


ビクターの編成会議で『街角』より
さらに大人らしさを出そうと
直前になって作り直されたそうです。



私は個人的には『街角』の方が好きでしたが。。。


一方、B面の『夏の終わりの手紙』は、
前曲のシングル『恋のあやとり』のB面『すみれの便箋』の
路線を引き継いで、しっとりと語りかける様な澄み切った歌声が
魅力的でした。



こちらで一部視聴できます。
http://morawin.jp/package/80312138/VEAML-21678/

♪〜

夏の終りの あのお手紙は 画像
さよならだったのね
怖くて私は読んでいません
どことなくあなた 違ってたから


あなたが いなくなってから
私の目には 涙だけ
さよならの理由は
きっとそれにしるしてあるわ
やさしいあなたの事だから








夏の終りの あの横顔は
さよならだったのね
あの日はやっぱり気づかいでしょう
理由もなくだから 笑ったのでしょう 画像


口では言えぬ やさしさが
あなたの目には あふれてる
さよならの理由を
今はとても知りたいけれど
私は怖くて読めません
私は怖くて読めません
              〜♪





『美しく燃えながら』のB面
『夏の終りに来た手紙』
作詩 さいとう大三
作曲 馬飼野俊一
編曲 馬飼野俊一








この歌の路線が次曲『白い微笑』へと引き継がれて
いったのかもしれません。



一方、この頃、めぐみさんは「サッポロ一番カップスター」のCMで
軽井沢でロープの上をよじ登って元気な姿を楽しませてくれました。


また、『20歳のリサイタル』の準備も直前に迫っており、
めぐみさんにとって
大変忙しい夏の終わりだったのでしょうね。

イラストは、Yosiさんの素材「ikoi」から掲載させていただきました。
http://www.cty-net.ne.jp/~akirin/top.htm

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「夏の終わりに来た手紙」
派手ではないけれど心に残る歌です。
アルバムに入っていたら最初か最後の曲に
ふさわしいと思います。
でもめぐみファンにとって
このシングルは微妙な存在です。

A面の「美しく燃えながら」が予想外に不発だったのと
「街角」から急遽変更になったいきさつがあるからです。
どうしても、ファンとしては
「街角」にしていたらヒット曲になったかもしれない、
少なくとも「美しく燃えながら」よりもヒットしていただろう
そんな思いがあるからです。

でも、ビクターとしてはもっと羽ばたくために
このイメチェンに賭けたのです。
成功していたらきっとこのシングルは
もっとファンの間で評判になっていたことでしょう。
急ぎすぎて残念な結果になってしまいました。
Marco Polo
2007/09/26 23:18
当時の状況を考えると無理もありません。
1975年(昭和50年)春は
後輩の73年組は「はじめての出来事」で
桜田淳子がブレイクした後だし、
山口百恵は翌年の「横須賀ストーリー」で
一段とブレイクする前とはいえ
「冬の色」で1位になっているし、
先輩の71年組では天地真理は
「愛のアルバム」が15位となったが
かつての勢いがまったくなく
アイドルからの脱皮にてこずっていました。
南沙織は作詞作曲はそのままに少しずつ
大人らしい歌に切り替えた成功例でしょう。

ビクターとしてはどうしても
大人の歌手の仲間入りさせたかったのでしょう。
だからあんなスケールの大きい
ちょっと大げさなアレンジになったのだと思います。
Marco Polo
2007/09/26 23:21
Marco Polo さん、コメントありがとうございます。
さすがに当時の状況をよく把握されていますね。
めぐみさんの歌われていたシングル曲、発売の時期
さえ、よかったらもっともっとヒットした歌はたくさん
あったと思います。
「夏八景」など、その代表曲だと思います。
もっと、注目されたタイミングで発売されていたら
きっと、めぐみさんのヒット曲のベスト3にもなった
かもしれません。
日劇事故復帰後のシングル曲すべてタイミングがちぐはぐ
していて、本来のヒットにはつながらなかったのが残念です。
めぐカコ
2007/09/26 23:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻丘めぐみB面特集『夏の終りに来た手紙』  (『美しく燃えながら』のB面) めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる