めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻丘めぐみB面特集「恋にゆれて」 (「雪の中の二人」のB面)

<<   作成日時 : 2007/06/23 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

今回の麻丘めぐみさんのB面特集の歌は『雪の中の二人』のB面の『恋にゆれて』です。


イントロは、闘牛士の様な勇ましい音楽で
始まります。



♪〜                               画像
誰もいない部屋で 二人きりがあなた        
よくある話だけど こわい
愛があればいいと 胸で十字切れば
私まけてしまうと思う






心じゃ許しているの
あなたの匂いのするものが欲しいのよ
春に咲いて 春に散るわ やさしくこわして
誰もいない午後の 好きな人の部屋で
私まけてしまうと思う
                      〜♪









1年前まで、『ときめき』で「チャ チャ チャ!」とかわいく
歌っておられためぐみさんが、たった1年で、こんなに大人っぽい歌を
歌われる様になったのに当時、驚いていました。

画像


B面ソングでは、この歌までは、そんなに大人っぽい歌は無かったからでした。



当時、めぐみさんのファンは、めぐみさんより年下が多かったので、
ファンが望んでいたものとは、急激にかけ離れていきました。



しかし、A面の『雪の中の二人』は、テレビよりもラジオでヒットし始めました。
関西の人気ラジオ番組『ABCヤングリクエスト』で最高順位2位までランクイン
する程、健闘しました。


めぐみさんの凍りつく様な美しい歌い出しの部分から、劇的なサビの部分への変化が
新しい魅力として受け入れされたのでした。


めぐみさんのファンも、この頃から、以前のアイドルソングを求めるファンと、
新しいめぐみさんの歌に付いていくファンとの二極化が始まって来ました。


デビュー以来シングルA面の作曲を担当されていた筒美京平さんから、
初めて作曲家が変ったのも、このA面ソング『雪の中の二人』からでした。


いろんな面から、周囲がめぐみさんを大人の歌手へと脱皮させていこう
と試みていた時期の歌でした。



「雪の中の二人」B面                  画像
「恋にゆれて」
作詞 橋本 淳
作曲 馬飼野康二
作曲 馬飼野康二

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね。
私は「恋にゆれて」を聴いた記憶がほとんどありませんが(ごめんなさい。書き込む資格なしですね)「悲しみのシーズン」がヒットしたとはいえ、少なくとも私の予想ほどの売れ行きではなかったため「雪の中の二人」に多大な期待を寄せたのを思い出します。74年暮れから75年初頭、めぐみさんにとって10代最後の冬(こんな表現はないか・・・)美しいですね。今の19才の女の子なんてただのガキかブサイクな厚化粧で大人ぶってるだけか・・・だけですものね。
嶺上開花
2007/06/24 00:22
嶺上開花さん、コメントありがとうございます。
日劇の事故までのめぐみさんの歌が、あまりにも
ヒットしていたので、復帰後のめぐみさんの歌も
皆すごく期待していましたね。

当時の選曲が正しかったのか、どうか、わかり
ませんが、現在、めぐみさんが再びご活躍され
ていることは間違いありません。
歌手時代の活躍、そして、それ以降のめぐみさん
の努力が現在のひとまわり大きいめぐみさんを
築き上げたのですね。

めぐカコ
2007/06/24 00:45
私はこの歌、結構好きでした。売れセンのメロだったと思います。めぐみさんのB面の曲の中では、’もしかしたら’の次に好きです!私の中では、アイドル時代の大好きなB面曲が’もしかしたら’で、アイドル脱皮時代の大好きなB目曲がこの’恋にゆれて’でした。
ny
2007/06/24 15:25
nyさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
この歌、めぐみさんのB面ソングの中では
比較的、知名度が低い歌だと思っていました
ので、この歌の事をわかっていただけるのが
とてもうれしいです。
めぐみさんの歌の中では、めずらしく勇ましく
切れのある歌ですね。
復帰後のめぐみさんの歌は、歌っておられた当時より、
後になって好きになった歌が多かった様に思えます。
めぐカコ
2007/06/24 16:08
「恋にゆれて」アップテンポだけれど
「悲しみのシーズン」同様マイナー調です。
小柳ルミ子さんにも同じ題名の歌がありましたね。

「ときめき」に通じる詩の内容ですが
1年経ち大人っぽくなった
出来上がりになっています。

「雪の中の二人」もいいけれど
「恋にゆれて」は両A面でもいいできでした。
Marco Polo
2007/08/01 23:33
Marco Polo さん、お久しぶりです。
ブログ始められていたのですね。
また、立ち寄らせていただきます。
めぐみさんの話題も是非取り上げて
くださいね。
めぐカコ
2007/08/02 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻丘めぐみB面特集「恋にゆれて」 (「雪の中の二人」のB面) めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる