めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻丘めぐみ 「お母さん」

<<   作成日時 : 2007/05/12 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


麻丘めぐみさんのアルバム曲で
「お母さん」という歌があります。

この歌は、すごく印象に残る歌で、
初めてこの歌を聴いた時の鮮烈なイメージが
今でも残っています。




♪〜

1.何処にいるの 何処にいるの
私だけのお母さん。。。何処なの

悪い事は二度としない
いい子になるお母さん。。。戻って                  画像

日が暮れた街の隅に
ひとりで待ちぼうけ

うずくまる肩の上を雨が叩く

何処にいるの 何処にいるの
私だけのお母さん。。。何処なの



2.何処にいるの 何処にいるの
私だけのお母さん。。。何処なの

こんな時は誰に聞けば
解かるかしらお母さん。。。戻って

すれ違う人はみんな
冷たく知らん顔

こらえていた泪が今こぼれ落ちた

何処にいるの 何処にいるの
私だけのお母さん。。。何処なの
             
                  〜♪


「芽ばえ」の頃の初期のめぐみさんの
高音で歌われた「お母さん」。
一人置き去りにされて
迷子になって、必死で
「お母さん」を探している様な
切実な懇願ソングが
とても印象的な歌でした。







画像




                                          アルバム「さわやか」
                                          より「お母さん」
                                          作曲 千家 和也
                                          作詞 筒美 京平
                                          編曲 高田 弘


今回の風景写真は「えんぴつの素材屋さん」から使用させていただきました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 「麻丘めぐみ応援会・新掲示板」へ最近投稿されている bareron 様のブログ「黒姫の風」の6月初めの麻丘めぐみさんに関する記載の中に、この歌の印象が書かれてあります。bareron 様も私もすでに母を亡くしておりますので、涙なくしてこの歌を聴くことはできません。それほど切実感のある歌唱です。
 bareron 様はかつてLPのアルバム「さわやか」を購入して聴いていた、とのメッセージを送ってくれましたが、当時聴いたときの印象は今と同じだったのかな、なんて思ってしまいます。泣くことはなかったかもしれませんが、迫力ある歌唱なので、やはり相当にしんみりしたでしょうね。
大朝
2009/08/10 01:22
めぐみさんのファーストアルバム「さわやか」の中で
「芽ばえ」は別として、この「お母さん」「素晴らしき16才」
「希望の旅」を聴いた時、すごい新人が出てきたなあ〜と
感動しました。
心に響いてくる叫びを感じとりました。「芽ばえ」だけでも
すごいのに、まだまだ未知の可能性を持った新人の誕生を
感じました。
きっと多くの方に感動を与えたと思います。
めぐカコ
2012/07/24 20:07
アニメチックな詩ですね。
私は、母の思い出は小さい時だけで
まさに、この歌そのものですね。
千家さん詩、すてきですね。
片山エビ吉
2016/02/09 21:45
この歌を、歌うめぐみさんは凄いです。
お母さんを探す幼い子供の切迫感を
こんなに見事に歌い上げる事のできる
歌手はめぐみさんしかいないでしょう。
最高です。
めぐカコ
2016/02/10 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻丘めぐみ 「お母さん」 めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる