めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻丘めぐみ「特選!冬の旅 素泊まり歓迎の名旅館」

<<   作成日時 : 2007/02/03 02:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

毎回、素敵な旅をお得なプランで紹介されている
「土曜スペシャル」。
(毎週土曜日19:00〜20:54テレ東系で放送中)

平成19年1月13日(土)の放送は
「特選!冬の旅 素泊まり歓迎の名旅館」でした。

今回は、麻丘めぐみさんと相本久美子さんの
「別府〜湯布院 フグ尽くし」をご紹介します。

大分県の別府は、麻丘めぐみさんの「ふるさと」です。

羽田空港から大分空港まで飛行機で1時間40分。


まずはレンタカーを借りて
めぐみさんの生まれ故郷 別府へ。
湯出量日本一の天下の名湯です。

画像


最初に訪れたのは
別府一の高台にある「明礬温泉(みょうばんおんせん)湯の里」でした。
広大な敷地に50の湯の花小屋が並び、
昔ながらの湯の花採取の様子が見物できます。

画像


「湯の花小屋」
湯の花は粘土の上に温泉成分が湧き出し結晶したもの。
これをそぎ取り集める秘法は江戸の慶応年間から
280年以上も受け継がれてきたもの。
無形文化財にも指定されています。


「本館」では、おみやげとして
「湯の花の入浴剤」「湯の花石けん」「湯の花全身ジェル」
などが販売されています。
画像



展望喫茶・レストランでは、郷土の味も楽しめます。

画像


大分の名物「だんご汁」。
だんご汁は小麦粉で作った独特の手延べだんごと
野菜をたっぷりと入れた味噌仕立ての汁。

画像


大分県人にとっては
身も心も温めてくれる 
ふるさとの味 おふくろの味です。
めぐみさん
「夏休みとかね
大分に帰るとおばあちゃんとか親戚とか
いっぱい集まると、必ずこのだんご汁を
これぐらい大きなお鍋でみんなで作るの。」
と懐かしい「ふるさとの味」を話されました。

そして
同じ団子にきな粉をまぶした
「やせうま」は昔ながらのおやつ。
こちらもめぐみさんにとっては思い出の味です。

画像








別府の町を散策しながら、。
相本久美子さん
いい砂風呂があるからとめぐみさんから勧められました。
そこで、相本さんは、砂風呂を体験することに。

訪れたのは明治12年創業という「竹瓦温泉」。
画像

今も昔も地元の人に愛される共同浴場。
館内も当時そのまま
昔ながらの趣ある風情が迎えてくれます。

相本さんは、一人で砂風呂を体験されました。

暖かな砂風呂に包まれて15分ほど
身も心もリフレッシュ。

そこへめぐみさん登場。
夕食にふぐを食べに行くことになりました。

画像









訪れたのは、ふぐ専門店「ふぐ松」さんです。
店内には「いけす」も設えられ
1年中、粋のいい天然トラフグが食べられます。

中でもふぐ刺しは、その旨さを存分に味わって欲しいと
身を厚くひくのがこの店流です。

その「トラフグのお刺身」から始まります。
一枚一枚、食べ応えのある厚さです。
かぼすを絞った手作りのポン酢で味わいます。

画像


次は、「白子の塩焼き」です。
表面はぱりぱりで、中はとろ〜りとやわらかいのが
特徴です。

そして、
コラーゲンいっぱいの「ふぐちり」です。

そのほかにも
「トラフグアラ唐揚げ」
「えらにくの唐揚げ」
など珍味もいっぱい。

仕上げは、うま味たっぷりの「雑炊」。
これぞ旨さの固まりです。

画像

二人はフグ尽くしで
心いくまで冬の大分名物を堪能しました。









冬の大分をめぐる旅
今宵の宿は、「湯布院」へ。
湯布岳のふもとに沸く人気の温泉地です。

今回二人が予約したのは
湯布院温泉 「ホテル遊輪」でした。
ホテルのオーナーは、画家の吉井好子さんです。
全てにわたって吉井さんのセンス、心配りが活かされた
女性に人気のおしゃれな宿です。
画像

2000坪という広大な敷地に6戸の離れ。
ゆったりと作られた贅沢な空間が旅人を迎えてくれます。

二人が案内された離れも
調度品やアミニティも凝りに凝っており
ぜいたくな気分で、のんびりと湯布院での一夜は過ごせます。

宿自慢の露天風呂を上られたお二人は、
ギャラリーへ向かわれました。

画像

吉井さんの絵が並ぶギャラリーです。
吉井さんの代表作7点が展示されており
自由に鑑賞することができます。

ルーブル美術館の公募展で展示されていた作品
「dignity」も展示されていました。
画像














翌朝、今回素泊まりのお二人が
向かわれたのは車で5分ほどのところにある「金鱗湖(きんりんこ)」でした。

実はここが湯布院の朝霧の源。
温泉と冷たい水が混じりあい冬の朝は
湖一面に霧が立ち込めるそうです。

その幻想的な景色は別世界の様でした。
画像



そして散策の途中で見つけられたのが
1軒のカフェ「カフェ・ラ・リュージュ」でした。
お二人は、こちらで朝食をとられることになりました。

画像


相本さんが注文したのは
「スコーンプレートセット」。

麻丘さんは店一番の人気メニュー
「デニッシュのセット」を注文されました。

今回の旅は、素泊まりの旅ということで
この朝食で番組は終りとなりました。

思わぬ発見がいっぱい、
久しぶり故郷と
あこがれの名湯湯布院を
心から満喫した旅でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻丘めぐみ「特選!冬の旅 素泊まり歓迎の名旅館」 めぐカコの「麻丘めぐみアルバム」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる